スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口県光市の海岸でクサフグ産卵(産経新聞)

 小型のフグ「クサフグ」が山口県光市の室積半島沿岸で産卵のシーズンを迎え、瀬戸内海の波打ち際で神秘的な生命の営みが繰り広げられている。

 半島沿岸の岩場に群れが押し寄せ、メスが小石の間に産み付けた卵にオスが放精して受精卵に。満潮になると群れは海中へ戻っていった。

 残った卵は砂利層に入り込み、3~4日後には孵(ふ)化して稚魚が沖へと泳ぎ出していく。産卵は6月下旬まで続くという。

【関連記事】
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け
世界初!?フグの缶詰 上品な煮付け味、下関の新名物なるか
宮家への「献上ふく」 調理風景を公開
下関市で「ふくの日」祈願祭
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<業務上横領>コンビニ店長、売上金持ち逃げ 埼玉(毎日新聞)
東北厚生局 開示文書改ざん…厚労相「調査を指示」(毎日新聞)
ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)
グレーゾーンの看護業務の実態調査案など大筋了承―チーム医療推進WG(医療介護CBニュース)
全グループホームに補助拡大=スプリンクラー設置―厚労省など(時事通信)
スポンサーサイト

<ママ鉄>ママは鉄道に夢中 子どもと見学急増(毎日新聞)

 小さな子どもを持つ母親の間で、鉄道好きの「ママ鉄」が増えている。子どもの影響で熱中し、線路脇や公園でのんびり列車を見学するスタイルが主流。おすすめスポットを紹介するガイド本が人気を集め、以前は父子が多かった鉄道の博物館では母親も一緒に楽しむ姿が目立つようになってきた。不況の中「あまりお金をかけずに楽しめる」との声も多く、ママならではの“賢い計算”も見え隠れする。【牧野宏美、写真も】

 「あれは『あすか』、こっちは『しなの9号』」。週末、JR新大阪駅近くにある線路沿いの公園。大阪府豊中市の公務員の女性(39)は元気よく列車を指さす長男(5)の頭をなでながら「鉄道には全く興味がなかったが、こんなに楽しいなんて」と笑う。

 長男は2歳ごろから鉄道に興味を持つようになり、大阪駅のホームで特急など珍しい型の列車を見たり、大阪環状線に乗ったりするようになった。最初は「子どもが喜ぶから」だったが、「ただの移動手段だと思っていた列車にいろんな顔がある」と夢中に。今では鉄道が家族の話題の中心で、休日には弁当持参でよく見えるスポットなどに通う。一方で、「遊園地で遊ぶより安く上がる。子どもが駅名を覚えるうちに漢字も読めるようになった」とメリットも感じている。

 列車が楽しめる場所やレストランを紹介するガイド本「子鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド・東京版」(えい出版社、980円)は09年7月の発売以降、予想をはるかに上回る約5万部を売り上げた。担当者は「近年のブームで女性にも鉄道への抵抗感がなくなったからでは」と分析する。

 車両などを展示し、年間約30万人が訪れる交通科学博物館(大阪市港区)の広報担当者は「以前は母親は遠くから見ていることが多かった。最近は母親も一緒に楽しんでいる姿をよく見かける」と変化を感じている。

 ガイドの筆者で、全国のママ鉄と交流している棚沢明子さん(37)=東京都世田谷区=は「従来の鉄道マニアと違って専門知識はなく軽く楽しむ人が多い。子どもが公共マナーを学ぶ機会にもなる」と話している。

【関連ニュース】
【写真名鑑】日本の路面電車
【写真名鑑】日本の路面電車
【写真特集】新幹線図鑑
【特集】さよなら初代新幹線「0系」 開通当時の懐かしい写真も
【写真特集】鉄道博物館:新しい“聖地”でSL運転「テツ魂」を体感

<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選-後継選び本格化(時事通信)
日中首脳会談「ヘリ接近」「哨戒艦」成果なく(読売新聞)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)

「つくる会」が厳重処分を申し入れ 浜教組「授業マニュアル」問題(産経新聞)

 横浜市の教職員らで組織する「横浜市教職員組合」(浜教組)が市教委採択の中学教科書「新編 新しい歴史教科書」(自由社)を使わない「授業マニュアル」を教職員に配布して、市教委から文書で警告された問題で、同教科書を執筆した「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長が21日、川端達夫文部科学相に対し、配布資料の回収と浜教組の厳重処分を市教委に指示するよう求める要望書を提出した。

 要望書で同会は、浜教組の行為について「教員の教科書使用義務を定めた学校教育法などの一連の法規に反する極めて悪質な違法行為」と批判。そのうえで川端文科相に対し、浜教組の「教科書不使用運動」問題の事実関係の徹底調査▽配布資料の回収と関係者の厳重処分を市教委に指導する▽浜教組による教育内容行政への不当介入を禁止する抜本措置をとる▽教員の教科書使用義務について一般に広く周知する-ことなどを求めた。

 会見で藤岡会長は「文科省は、事態改善に向けて徹底的に対応してほしい」と訴えた。

【関連記事】
横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史 
「韓国側論文は低水準」 藤岡会長「新しい歴史教科書」批判に反論
「日本書籍」が撤退 歴史教科書、自虐史観批判を受け
「つくる会」を執拗に批判 自虐史観を評価  日韓歴史研究
日本の“歴史外交”に乱れ オール・ジャパンはないのか
中国が優等生路線に?

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
価格カルテル、住友電工などに課徴金160億(読売新聞)
拳銃向け「撃つぞ!」加藤被告は「ナイフを落とし、崩れ落ちるように座った」 秋葉原殺傷(産経新聞)
普天間 辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
竹林に女性の変死体、頭蓋骨折れ殴られた跡?(読売新聞)

幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)

 江戸時代から続く紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の例祭「和歌祭」の練り物の1つ、「唐船(とうぶね)」で歌われた「御船歌(おふなうた)」が16日の祭で、約30年ぶりに復活する。昨年9月に音源が見つかり、「眠らせておくのはもったいない。歌い継ぎたい」と地元の有志が「御船歌部」を作って練習に励んできた。太鼓に合わせ、「ヨーイヤサー」を力強く繰り返し、和歌浦の名所などを歌うめでたい歌が街に響く。

 「和歌祭」は紀州東照宮創設の翌年、元和8(1622)年に始まった。メーンの神輿(みこし)渡御には、薙刀振(なぎなたふり)、雑賀(さいか)踊など、全国の東照宮の祭りに例がないほど多くの伝統芸能が登場することで知られる。中でも華やかなのが竜頭のある「唐船」で、これを引き回して歌われたのが「御船歌」だった。しかし、時代とともに歌い手が減り、昭和50年代後半を最後に祭りから歌だけが消えた。

 そんな中、昨年9月に県教委の無形民俗文化財の記録調査で、文化遺産課の蘇理(そり)剛志さん(33)が歌の音源を収録したテープを見つけた。御船歌を構成する「長唄」「端唄」「せり唄」「やれ節」の、「長唄」を除く3曲が入っていた。

 歌はゆったりしたリズムで、歌詞には「ヤレ一にゃ権現二にゃ玉津島…アーヨーイヨイヨーイヤサー」など、和歌浦の名所旧跡や情景が歌い込まれている。

 微妙な音のひねりや声の伸ばし方にまで規則性があり、蘇理さんは「ここまで技巧が凝らされたものは珍しい」と驚き、「眠らせておくのはもったいない」と、昨年12月に友人らと「御船歌部」を結成。実際に歌っていた人や、聴いた人の協力を受け、大学生や地元住民約10人も集まり、復活に向けた取り組みにつながった。

 太鼓を担当する和歌山大4年、須山恵里さん(22)は「打ち方が独特でいい音を出すのは難しい」。歌を指導する和歌山市西浜の松平寿彦さん(62)は「若者の熱意に、伝えずにおれない。今後が楽しみ」と目を細める。

 和歌祭に詳しい和歌山大教育学部の米田頼司准教授は「御船歌は江戸初期の原形をとどめている点で非常に貴重。復活は、祭りが活気づく機会にもなる」と話している。

【関連記事】
「幕末ブーム」新たな名所に 「桜田門外ノ変」記念展示館29日オープン
上方舞山村流 山村若本紀、文楽劇場に出演 20歳ホープ「縁の綱」に挑む
平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版
女子高生ら早乙女装束で「御田植祭」 豊作願う笠間稲荷神社の伝統行事 茨城
宮出し 初のそろい踏み 神田祭
少子化を止めろ!

<阿久根市長>市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
<鳩山首相>会食で蓮舫議員ら、選挙体制の確立を要請(毎日新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
<日本新聞博物館>「新聞活用教室」に80人が参加 横浜(毎日新聞)
70代男性が輸血でA型肝炎に感染(医療介護CBニュース)

「リーダー落第」神奈川県知事が首相批判(読売新聞)

 松沢・神奈川県知事は6日の定例記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る鳩山首相の対応について、「安全保障、基地問題に対する認識の欠如は、『国のトップリーダーとして落第』と言わざるをえない」と厳しく批判した。

 さらに「最低でも県外」と首相が公言していたことについて、「こんな程度の認識しかない人を首相にしているのかと怒りすら覚える。全く戦略のない政治しかできないのなら、日本の安全保障は守れない。日米の同盟関係にも大きな痛手を負わせた」と述べた。

<日本創新党>基本政策を発表(毎日新聞)
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕(時事通信)
13歳女子に1万円、児童買春容疑で男を逮捕(産経新聞)
QIP方式は本当に「現行案と同等」? 米軍も慎重姿勢(産経新聞)
徳之島との交渉継続=鳩山首相(時事通信)
プロフィール

ミスターやすひろおおさか

Author:ミスターやすひろおおさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。